ここでは、 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛ヶ原駅近くを走る福井行き臨時「おくえつ号」。
こちらでも10人近く撮影しておりました。
今回は動画はありません。すみません。


 平成16年7月の福井豪雨によって越美北線は不通が続いておりましたが、このほど鉄橋が5箇所で流出した一乗谷-美山間が復旧し、平成19年6月30日に無事全通いたしました。それを記念してキハ28・58による臨時列車「おくえつ号」が運転されました。
 私は復旧する前に金沢に引越ししましたが、北陸での鉄道モノのイベントとあって私も越前大野まで出かけてきました。



福井駅で発車を待つおくえつ号。
発車30分前というのに168席の座席はすでに埋まっていて、
たくさんの立ち客を乗せて福井駅を出発しました。


おくえつ号の車内の様子です。
結局越前大野まで降りる人は少なく(途中何人か乗ってきましたが)、
越前大野までほぼ同じ混雑でした。


越前大野駅に到着したおくえつ号。
駅前では全通記念の各種イベントが行われていて、
サボの即売会もやっておりました。


牛ヶ原駅近くで撮影してきました。
お昼は福そば本店でおろしそばを満喫したあと、
撮影のために牛ヶ原まで歩いて来ました。


牛ヶ原駅に停車中の「おくえつ号」。
「おくえつ号」は昭和55年から平成9年まで越美北線を走っていた快速列車ですが、
今日は各駅停車としての運転でした。


あとがき


 今回は「北陸おでかけパス」を利用。普通列車で7時47分に金沢を出て、福井から「おくえつ号」に乗り込みました。越美北線にはすでに何度か乗っているのと、並行して走る国道を何度も運転していることもあって、個人的にはおなじみのところ。ずっと立っていましたが特に苦痛は感じませんでした。
 越美北線利用者の特典としてもらえる「大野市観光利用券」でおろしそばが1杯無料で食べられるので、福そば本店でおろしそばを食べてきました。同じようにおろしそばを食べた鉄道ファンが結構いました。聞いてみると富山とか金沢とか、やはり北陸から来ている人が多かったです(もちろん大阪・京都方面や名古屋方面から来ていた人もいましたが…)。
 食事の後は「おくえつ号」の混雑を予想して撮影に回ることに。まあ、予定通りなんですが、牛ヶ原まで歩いていきました。牛ヶ原でも同じように撮影している人が何人かいましたが、こちらは車で来ていた人が大半でした。
 あと「記念入場券」と記念酒「越美北線」も買ってきました。

 私は撮影後に牛ヶ原から1本後の列車に乗ったのですが、こちらも九頭竜湖から来た列車とあって混雑しておりました。ちなみに全通記念としては当初はSLを運転する話もあったそうですが、費用と転車台の問題からキハ28・58の臨時になったみたいです。とはいえ、臨時列車にせよ地元の人が多数乗っていたのが実感です。今後ともたくさんの乗客に親しまれる路線になって欲しいものです。



九頭竜川を行く「リバイバルくずりゅう号」。動画も掲載中。
「くずりゅう」なのに九頭竜川での撮影は数人しかいませんでした。





 平成18年9月23日、北陸本線では24日から始まる敦賀直流化を前に475系旧塗色6連による「リバイバルくずりゅう号」が金沢-米原間に運転されました。
 急行「くずりゅう」は昭和41~60年に米原-福井・金沢間を走っていた急行列車で、そのリバイバル運転というわけ。
 私も475系を使った急行としては、子供の頃に大阪駅で「立山」「ゆのくに」は見たことがあるのですが、くずりゅうは初めて。旧塗色の急行すら25年ぶりくらいという感じ。本当なら大阪帰省とあわせて乗ってこようかとも思ったけど、仕事の残務処理等もあり撮影をすることに。福井での撮影と言うことで、上りは大土呂付近、下りは九頭竜川で撮影してきました。
 写真の整理がまだ終わっていませんので、取り急ぎ動画を掲載します。

九頭竜川を行く「リバイバルくずりゅう号」


画像はwmv形式です。右クリックしてダウンロードし、メディアプレーヤーなどのwmv対応ソフトで閲覧願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。