名鉄岐阜の軌道線廃止によせて

ここでは、名鉄岐阜の軌道線廃止によせて に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2005年3月末を持って、名鉄岐阜市内線など軌道線が廃止されます。15分おきに列車が走るのにいきなり廃止とあって驚きです。こちらは先駆けて廃止になった谷汲線と揖斐線の廃止前におとづれた際の写真並びに開業から10年と経っていない関-新関間に乗りに行ったとき(長良川鉄道の北濃-美濃白鳥とあわせて乗ってきました)の写真を公開します。




ありし日の黒野駅。揖斐方面と岐阜方面の列車が仲良く止まっています。
朝の揖斐始発1本を除き、岐阜方面はこの駅が始発です。
黒野駅は3方向へ列車が出ていたのだが、いつの間にか終点になり、その終点も
今春を持って廃止されてしまいます。


こちらは揖斐川から順光で撮影。780系などの新車は岐阜方面へ使用されていて、
揖斐線はもっぱら古い車両が使用されていました。


車庫からみえる5枚窓の510形。何しろ大正時代に造られた歴史モノの車両。
今も美濃駅跡・谷汲駅跡で展示されています。
3400系や800系は乗ったけど、こっちは結局乗ることは出来なかったな…。


関駅に進入する複電圧車600系。
乗ったのは2003年ですが、このときはすでに予備車だったんですね。。


600系の車内。背が高く客室内は1人がけ+2人がけの転換式
クロスシートで、ローレル賞も受賞した、ある意味憧れだった車両。
クーラーは付いてなかったけど、乗っていて楽しかったです。


通票式信号「タブレット」の交換。昔のローカル線ではごく普通の光景だった
のですが、最近はめっきり減ってしまいました。


あとがき


 路面電車は自動車の増加で昭和40年代に次々と消してきましたが、欧米などでは環境問題、交通問題などから徐々に復活しています。しかし岐阜市は「環境都市」としている割には名鉄岐阜市内線に対して消極的で、今回の廃止騒動でも住民や周辺自治体と対立しただけに、市の資質が疑われそうです。昭和53年に路面電車が廃止された京都市も市に対する評判はよくないことで知られていますが、岐阜市も同様の流れを受け継いでいるような気がします
 ただ、幸いにも今回の廃線で廃車となる車両が福井鉄道と豊橋鉄道に譲渡されました。私は名鉄としては800系に乗ることは出来なかったが、近く福井で乗ることが出来るようになるので、また乗ってみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://uesho.blog64.fc2.com/tb.php/5-cd32e9ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。